自力でできるネズミ駆除の方法

身体は小さなネズミですが、食品を食い荒らしたり、身体についているノミやダニの衛生被害だけでなく、電気や電話の配線にも被害を及ぼす場合があり、故障や火災の大きなトラブルの原因になるケースもあります。
自力で行うネズミ駆除の方法は、主にワナを使う捕獲、そして殺鼠剤などの毒エサ、そして侵入口を塞いでしまう侵入対策です。
効果的にネズミ駆除をするためには、まず家の中に残されているラットサインを探しましょう。

ネズミ駆除の方法に関する情報を見極め、信頼できる情報を厳選しました。

被害があった部屋の隅に黒い線のような汚れがついていたり、黒い小さな糞があったらそれがラットサインです。



怪しい箇所に薄く小麦粉をまいておくと足跡が確認できます。



ワナも殺鼠剤を使う方法も、ネズミが来ない場所に仕掛けても効果がないのです。
駆除用のワナには、バネ式、捕獲カゴ、粘着シートなどがあります。
バネ式と捕獲カゴは設置が簡単で何度もくり返して使えますが、複数を設置できないので捕獲率は低めです。
一般家庭で多く使われるのが、粘着シートタイプのワナです。価格も安価なので多くの枚数を敷きつめることができます。殺鼠剤を使う場合、市販されている殺鼠剤は速攻性がない遅効性の毒なので、何度も食べさせなければなりません。
最初は無毒な食品をエサとして置いて、食べている様子がみられたら殺鼠剤を混ぜましょう。

ワナと殺鼠剤は併用して使う方法も効果的、毒で弱ったネズミがかかりやすくなり、ワナにかかってくれれば、手が届かない場所で死亡して死体が腐り、虫がわいてしまうことも避けられるのです。

これらの方法で駆除に成功したら、囓られないカプサイシンを含む防鼠パテや金網を使って侵入口を塞いでしまいましょう。塞いだ場所には効果が持続する固形タイプの忌避剤も設置しておきましょう。