ネズミ被害と駆除の方法

ネズミが建物に住みつくのは珍しい事ではなく、よくある事です。これは暖かくて雨風が凌げる環境を好む習性があるからで、特に食糧を調達しやすい環境があると住みつきやすくなります。

住みつかれると餌を屋根裏に持ち込まれたり、糞や尿で悪臭や害虫が発生して衛生環境が悪化する被害が出ます。人にも被害を及ぼす感染症を持っている個体もいるので、建物に住んでいる人や利用する人が感染症に感染する被害が出る可能性もあります。

魅力的なネズミ駆除の方法にアクセスしてください。

建物自体も劣化して価値が下がるので、経済的な損失も発生する事となります。



ネズミ駆除をするには自分で対策する方法と専門の業者に依頼する方法があります。

自分で駆除する方法としては毒餌や粘着シートを使って駆除する方法です。

この場合は確実に退治できるものの死骸の処理をする必要があります。
ネズミが嫌がる周波数の音を発生させる超音波器を導入して追い出すやり方や薬品を撒いて追い出すやり方もありますが、効果はその時々異なります。

専門の業者に依頼するのが最も確実に駆除できる方法ではありますが、コストはある程度かかってしまいます。
しかし中途半端に費用をかけて自分で行うよりも専門の業者に依頼した方が良いケースも多いです。



ネズミ駆除の業者に依頼する時は建物内から追い出すだけでなく、再度住みつかれないように侵入経路を特定してもらって塞ぐなどの対策をしてもらうと良いです。

また近くに食糧を調達できてしまう環境がある場合は改善するべきです。